スポンサーリンク

自宅で簡単ハイボールアレンジ3つと作り方のコツ【特別なものはいらない】

スコッチなんやかんや

ウイスキーをストレートやロックでも良いですが、軽くハイボールもウイスキーの甘みが増しておいしいですね。食中・食後、シュチュエーションに限定されることなく気軽に飲めるのも魅力のひとつです。

そんなハイボールですが、普通に飲むことに飽きてきた人のために、自宅にあるものだけで簡単にできるアレンジを3つご紹介します。どれもクラシックな方法ですので、ウイスキー好きの人ならご存知かと思います。。

本当に特別なものは必要なく、ずぼらな人でも大丈夫なアレンジです。

それぞれ簡単にですが細かいコツのようなものも書いてあります

【よく家飲みされる方にはこちらもオススメ】


スポンサーリンク

黒胡椒をかける

1980年代から行われている、クラシックな飲み方です。

ハイボールを作ってから表面に黒胡椒を削るのも良いですし、最初にウイスキーと一緒に底に沈めて、炭酸の気泡でグラス内に胡椒が舞い上がるようにしても大丈夫です。

私のオススメは、先にハイボールをつくってから、氷の上に乗せるように黒胡椒を削ることです、こうすると最後まで香りがしますし、下に落ちる胡椒の粒も、炭酸の気泡とともに上がってきます。


タリスカー、ラフロイグといったスパイシーだったり潮っぽい、スモーキーなウイスキーでよく行われる飲み方ですが、色の薄いバーボン樽、オーク系のウイスキーとも相性が良いです。

リーズナブルなウイスキーでしたら、デュワーズ、カティサーク、角瓶なども合います。
(シェリー樽系のウイスキーは私はそこまでオススメはしません)

バーボンも、ウッディさと胡椒のスパイシーさが合いますので、オススメです。

黒胡椒以外にも、自宅にある好みのスパイスやボタニカルでアクセントをつけるのも良いかもしれません。

浮かせる

先に氷と炭酸を入れ、そのうえにゆっくりとウイスキーを注ぐことで、このようにウイスキーが浮きます。

 

こうすることによって、最初はストレート・ロックに近い状態から、飲んでいくにつれてだんだんと混ざってき、ハイボールへと変化していきます。ゆっくり楽しみたい方にオススメです。

より炭酸を活かしたい場合は、グラスに氷をいれたあとに、先に炭酸をほんの少しだけ注いで、軽くまぜてから、氷をおさえて炭酸のみを一度捨てます。(氷の角をとり気泡をまとわせるのと同時に、グラスを冷やすため。そうすると炭酸の気泡が抜けにくくなります)

そうしてから炭酸をグラスの6〜7分目まで注ぎ、上からゆっくりとウイスキーを注ぎます。

難しそうが、やってみると案外誰にでもできます。
コツは、最後にウイスキーを注ぐときに、氷の上部に当てながら滑らせるように注ぐとうまくいきます。

氷を入れない

冷凍庫にウイスキーをぶちこみ、キンキンに冷やしたウイスキーを好みの量グラスに注ぎ、炭酸で満たしてハイボールを作る方法です。

これはシングルモルトではあまりオススメしませんが(冷やすと微細な香りが感じ取れなくなってしまうため)、価格帯の低いブレンデッドをより美味しく飲むことができます。

(私はグレンフィディックやモーレンジ、ラフロイグなどのシングルモルトと、デュワーズや角、シーバスなどのブレンデッドで試しましたが、個人的にはシングルモルトは良さが消え、ブレンデッドのほうが甘みが立っておいしかったです。バーボンも常温のほうが適していそうです)


冷やしてトロトロになったウイスキーに炭酸水を入れることで、温度上昇で甘味が立ち、非常に飲みやすくなります。(通常よりもウイスキーの量が入りますし、冷えるとアルコールのキックが感じにくくなりますので、飲みすぎには注意してください)

濃さは好みですが、参考までに↓

このスタイルでハイボールを出しているBARですと、ウイスキーダブルにたいして瓶の炭酸水を一本まるまる使います。なので分量はウイスキー60ml、炭酸水190mlですね。(BARの場合ウイスキーを冷やす冷凍庫の温度は家庭用よりも低く、グラスも冷やしているものを使うところもありますので、家庭で同じ分量でやっても同じ味わいにはなりません)

氷がない分、炭酸も弾け飛ばないですし、ゆっくり飲んでも薄まったりもしません。

みんな大好き究極の簡単ハイボールですね。

自宅ハイボールにいちばん大切なこと

最後に、一番こだわっていただきたいのものがあります。

それは

です。


冷凍庫の製氷機の氷は、冷蔵庫内の食材の匂いを吸っている場合があります。氷は匂いを吸いやすいので、どんなに良いウイスキーを飲む場合でも、氷が他の食材と同じ場所に保管されていたものであれば、台無しになってしまいます。

また、ミネラルウォーターで氷を作る場合は、自宅の冷蔵庫の製氷機で作ると水道水に比べて雑菌が繁殖しやすいので、注意してください。

スーパーでもコンビニでも、売っているジップロックに入った氷を使いましょう。

他にもトニックとソーダを半々で入れたり、レモンピールを絞ったり、ウイスキー自体にいろんなものを漬け込んだりと、アレンジの幅は無限大です。

マニアックなものですと、ブレンデッドウイスキーのハイボールの上に、そのウイスキーのキーモルトとなるシングルモルトを浮かせる贅沢なハイボールもあります。

おうちでハイボール、くれぐれも飲み過ぎには気をつけて、健やかに楽しみましょう。

この記事がみなさまの日々の豊かさの一助になれば幸いです。

御一読、ありがとうございます。

(ふるさと納税なども活用して日々の炭酸水もお得に購入しましょう)

  


コメント

タイトルとURLをコピーしました