スポンサーリンク

【簡単まとめ】アナンデール蒸留所とは【2014年に再稼働のウイスキー】

スコッチウイスキー

【2分でわかる『アナンデール』】

スニフ
スニフ

販売とともにすぐ売り切れる『新しい蒸留所』のなかでも大注目の銘柄です。

スポンサーリンク

アナンデール(Annandale)蒸留所とは

アナンデール ポイントまとめ

・1836年に創業、1918年には閉鎖。2014年11月、新しくなって再稼働開始

・原料のモルトには、ピーテッドとノンピートの両方を使用(2018年の半ばに初リリース)。

・シングルモルトとしてリリースされる製品は、すべて単一の樽からカスクストレングス原酒でボトリングされる「シングルカスク商品」

・ノンピートタイプを「マノワーズ(Man O’ Words)」
・ピーテッド(45ppm)タイプを「マノスウォード(Man O’ Sword)」というネーミングでリリース。
 (それぞれ当地ともゆかりのあるスコットランドを代表する人物、スコットランド王ロバート1世、詩人ロバート・バーンズから)

・樽はホグスヘッドのシェリー樽や、STR樽(焼き直したワイン樽)、赤ワイン、ラム、コニャック、ポートワイン、テキーラ、その他ビール樽なども熟成に使用。

位置)ローランド

公式サイト)

Annandale Distillery
Annandale Distillery | Premium Single Cask, Single Malt Scotch Whisky | Private Cask Ownership | Distillery Tours | Whisky Gifts

ラインナップ・レビュー

アナンデール マノスウォード・マノワーズ

「マノスウォード(マン オ ソード)」 2016 EXバーボンカスク カスクストレングス

・アナンデールのピーテッドタイプ(画像左)。

・価格 11,440円(某酒屋さんでの販売価格)。

ピーティーで骨太のアンデール(スモークの数値は45ppと、ラフロイグほど)。

「マノワーズ(マン オ ワーズ)」 2015 オロロソシェリーバット カスクストレングス

・アナンデールのノンピートタイプ(画像右)。

・価格 19,950円(某酒屋さんの販売価格)。

フルーティーでコクのあるノンピートタイプのアナンデール。

スニフ
スニフ

某酒屋さんから2023年1月に販売されましたが、すぐにマノスウォードが先に売り切れ、続いて1日後にマノワーズが売り切れました。
(入荷本数も極少のようです)。

※入荷を確認次第、価格等の情報を含め追記します。

『アナンデール』まとめ

公式でひとくちカスクオーナーや、各種のオリジナル樽の販売も行っている新しい時代の蒸溜所です。

テイスティングはしていませんが、現地ではどのタイプも高評価のようです。

スニフ
スニフ

2023年より日本でも単発で入荷している酒屋さんをちらほら見かけるようになりました。

入荷本数も少ないようですので、見かけた人はラッキーですね。

2010年代に入り、たくさんの蒸溜所が世界各地で創業をはじめています。

スコットランドはウイスキーにおける文化や伝統、法整備がしっかりしており、アードナムルッカンをはじめどの蒸溜所も入荷とともに完売するなど、若い蒸溜所ながら品質が高く評価の高い銘柄が多いです。

(他の新規オープンの蒸溜所についてもっと知りたい方は下記カテゴリーもご参照ください。)

新しい蒸溜所
「新しい蒸溜所」の記事一覧です。
スニフ
スニフ

アナンデールの今後のリリース品にも期待です。

そこまで大きな蒸溜所ではないので、日本で安定的に入手できるようになるかはわかりません。

補足

本サイトでは人気ウイスキーの定価での購入方法や、プロのバーテンダーがおすすめする銘柄などの情報も発信しています。

(ウイスキーが好きな方や新たな銘柄をお探しの方は、下記から気になる記事をご覧ください)

スニフ
スニフ

SNSではウイスキーの小ネタやバーテンダー注目銘柄の入荷速報なども発信していますので、よろしければ一度ご覧ください。

Twitter

@Sunifu_whisky

instagram

https://www.instagram.com/sunifu_blogwhisky

みなさまの口福な世界が広がれば幸いです。

ご一読、ありがとうございます。

口福な世界広がるシェリーカスク・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事1位

口福な世界広がるフルーティー・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事2位

私がジャパニーズウイスキーを定価で購入している方法

ウイスキー愛好家に人気の記事3位

コメント

タイトルとURLをコピーしました