スポンサーリンク

【スカイ島に誕生】トラベイグ蒸留所【ウイスキー簡単まとめ】

スコッチウイスキー

【2分でわかる『トラベイグ』】

スニフ
スニフ

タリスカーのあるスカイ島に新たに誕生した、プロのバーテンダーも注目する銘柄です。

スポンサーリンク

トラベイグ(Torabhaig)蒸留所とは

トラベイグ ポイントまとめ

・ボトラーズのモスバーン・ディスティラーズ(Mossburn Distillers)が運営する新しいシングルモルトの蒸溜所。

・タリスカーで有名なスカイ島の南端に建設。スカイ島第二の蒸溜所。

・建物は19世紀頃の農場の家畜小屋を改築したもので、2017年1月に操業を開始

・2021年2月にシングルモルトをファーストリリース。

ヘビリーピーテッドのモルトウイスキーを製造。「ウェル・テンパード(しっかりと調律された)なピート香」が持ち味で、フェノール系の薬品感はない

・「レガシー・シリーズ」の名で2種類の商品を発売しており、10年以上熟成のシングルモルトの発売が当面の目標。(最初に発売された「レガシー2017」はすぐに完売)。

位置)アイランズ(スカイ島)

公式サイト)

https://www.torabhaig.com/age-gateway/

ラインナップ・レビュー

トラベイグ レジェンシーシリーズ 2017

・2017年蒸溜2021年発売、トラベイグ蒸溜所のファーストリリースボトル

・1stバーボン樽で3年熟成

・46%

・香り
潮風を含んだピートスモーク、バニラ&ウエハース、草っぽさやハーブ、なめらかなオイリーさと燃やした木の香ばしいアロマ。

・味
塩っぽさとバニラウエハースのような優しい甘み、ハーブの緑とウッドスモークのアロマがじんわりと 広がる。

スニフ
スニフ

ピートスモークと潮気、柔らかい甘みも感じるバランスの良いシングルモルトです。

2023年より日本でも入荷される予定です。

※追記)2023年1月下旬ごろに入荷されました。価格は1万円ほどですがすぐに完売しました。

(新たな入荷情報は下記リンクをご参照ください)。

『トラベイグ』まとめ

本記事では2017年よりスカイ島で創業を開始した新進気鋭の蒸溜所、トラベイグについて簡単にまとめました。

スニフ
スニフ

2023年1月ごろから日本へも入荷しましたが、まだ安定供給は難しいようです。スカイ島ならではの個性が光る銘柄、今後のリリースも楽しみですね。

2010年代に入り、たくさんの蒸溜所が世界各地で創業をはじめています。

スコットランドは文化や伝統、法整備がしっかりしており、どの蒸溜所も入荷とともに完売するなど、若い蒸溜所ながら品質の高さに舌を巻く銘柄が多いです。

(他の新規オープンの蒸溜所についてもっと知りたい方は下記カテゴリーもご参照ください。)

新しい蒸溜所
「新しい蒸溜所」の記事一覧です。
スニフ
スニフ

トラベイグはスカイ島にありピートスモークの個性的なシングルモルトかと思いきや、それだけではなく柔らかな甘さも兼ね備えており、今後のリリース品にも期待です。

補足

本サイトでは人気ウイスキーの定価での購入方法や、プロのバーテンダーがおすすめする銘柄などの情報も発信しています。

(ウイスキーが好きな方や新たな銘柄をお探しの方は、下記から気になる記事をご覧ください)

スニフ
スニフ

SNSではウイスキーの小ネタやバーテンダー注目銘柄の入荷速報なども発信していますので、よろしければ一度ご覧ください。

Twitter

@Sunifu_whisky

instagram

https://www.instagram.com/sunifu_blogwhisky

みなさまの口福な世界が広がれば幸いです。

ご一読、ありがとうございます。

口福な世界広がるシェリーカスク・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事1位

口福な世界広がるフルーティー・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事2位

私がジャパニーズウイスキーを定価で購入している方法

ウイスキー愛好家に人気の記事3位

コメント

タイトルとURLをコピーしました