スポンサーリンク

魅惑のオーストラリアウイスキー『スターワード』とは【ワイン樽熟成のオーストラリアシングルモルト】

ニューワールド・ウイスキー

世界には有名でブランド力のある5大ウイスキー以外にも、カテゴリーの枠を超えて、高品質なウイスキーが数多く存在します。

前回の記事でご紹介しているイングランドウイスキーや、オレゴンシングルモルトなど、既存のカテゴリーにおさまらなくとも素晴らしいウイスキーはたくさんあります。

他のニューワールドウイスキーの記事)

どんどん広がっている世界のウイスキーから厳選し、今回この記事でご紹介するのは、

南半球、オーストラリアで生産される魅惑のウイスキーです!

それがこちら

『スターワード』 です!

スポンサーリンク

スターワード ウイスキーとは

オーストラリアメルボルンで、タスマニアでウイスキーの製造を学んだデーヴィッド・ヴィターレ氏が、2007年にスターワード蒸溜所を創設。

スターワード蒸溜所の主力は、赤ワイン樽による熟成

ウイスキーの熟成に使用される樽は、通常なら中味のワインやバーボンなどを排出してからリチャー(樽内面への焼き付け)を施が、スターワードでは、まだ湿っているワイン樽に直接ウイスキーを詰めている。

ワイン樽の中でフルタイム熟成をすることによって、ウイスキーをワインと樽材の両方に触れさせて相互作用を引き出している

その結果、フルーツ爆弾とでも呼ぶべき旺盛なフルーツ香があり、同時に赤ワインのリッチな特性やオーク材由来のキャラメル香も感じさせるウイスキーへと仕上がっている。

評価・ラインナップ

受賞歴

・2018年にはアイコン・オブ・ウイスキーより「ベストオーストラリアンウイスキーイノベーター」を受賞

・ワールドウイスキーアワード2017 「ベストオーストラリアンシングルモルト」受賞

・サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション2016
「ベストクラフトディスティラーウイスキー」受賞

その他数々の賞を受賞し、近年でも世界中で評価が高まっている大注目の蒸溜所です

トゥーフォールド

モルトと小麦の二種類の穀物を原料に使用したダブルグレーンウイスキーです。 熟成には、オーストラリアのワイナリーから調達した赤ワイン樽を使用。トロピカルフルーツと軽やかなスパイスの風味が、なめらかな口当たりの中で調和します。

ノヴァ

ウイスキーの可能性をスターワード流に表現したフラグシップアイテム。100%オーストラリア産モルトを使用し、オーストラリア産赤ワイン樽で熟成したシングルモルトです。

フォルティス

オーストラリア産モルトを使用し、主にバロッサバレー産の赤ワインバレル(シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン)で熟成させた限定生産のオーストラリアンシングルモルトです。熟成に使用される赤ワイン樽のいくつかは味わいに複雑さを与えるためリチャー(焼き直し)が施されています

シングルカスク

オーストラリア・バロッサバレーの赤ワインの熟成に使用されていたアメリカンオーク樽で4年熟成したシングルモルトをカスクストレングスでボトリングしています。オーストラリアはスコットランドに比べて気温が高く熟成が早く進むため、4年という熟成期間でも豊かなキャラクターが楽しめるシングルカスクです。

アンエクスピーテッド

ノンピート麦芽を使用し、赤ワインの樽で熟成させた2007年蒸溜のシングルモルトを、ピートの効いたアイラモルトの樽(バレル)で追熟して仕上げることで、スモーキーなキャラクターを纏わせたユニークなオーストラリアンウイスキーです。
赤ワイン樽を熟成に使用するスターワードの特徴である熟した赤いベリーのフルーティなフレーバーに、海のような塩気を含んだアイラモルトのスモーキーさが調和した1本です。

飲んでみた感想・テイスティングノート

今回私が飲んだのは、こちらのシングルカスクタイプです。

香り

注ぎたてはクリーミーなバニラとブドウの香り

時間が経つとブドウ、チェリー、ブルーベリーなどの果実香がゆっくりと花開いてきます

味わい

華やかなベリーの味わいとなめらかなクリーミーさが広がり、余韻はタンニンの心地よいビター感

他では類を見ないほどの華やかなベリーの果実とシルクのような舌触りに包まれ、穏やかなタンニンが心地よい余韻を残していく逸品です!

他のラインナップも期待できる香りと味わいでした。

まとめ

今回ご紹介したのは、ワイン樽熟成が特徴のオーストラリアンウイスキー『スターワード』です。

スコッチやバーボンだけではなく、世界にはまだ多くの人に知られていない、素晴らしいウイスキーが数多く存在しています。(自社生産ではなく、輸入ウイスキーを熟成・ブレンドしているものも多いですが)。

この記事をきっかけに、ワクワクする新しい世界へと、一本踏み出してみてはいかがでしょうか!

少しでもみなさまの口福な世界が広がれば幸いです。

御一読、ありがとうございます。

私が個人的にこれを読んでいただいたあなたにおすすめしたい記事)

コメント

タイトルとURLをコピーしました