スポンサーリンク

【アランの第2蒸溜所】『ラッグ蒸溜所』簡単まとめ(Lagg)

スコッチなんやかんや

本記事では大人気のアラン蒸溜所が新たに設立した

『ラッグ』(Lagg)蒸溜所について、簡単にまとめました。

スニフ
スニフ

「ラッグ」なのか「ラグ」なのか、正式呼称はどちらになるのでしょうね

スポンサーリンク

ラッグ(Lagg)蒸留所とは

ラッグ蒸溜所 ポイント  まとめ

・2019年よりアラン島南部で稼働開始したアランの第二蒸溜所

・(ラッグ蒸留所の稼働により、元アランは「ロックランザ蒸溜所」に改名)

・生産されるウイスキーはフェノール値50ppmのヘビーピートが主体

・それに伴い「アラン」のヘビーピーテッドタイプ(「マクリムーア」)の生産は、徐々にラッグへと移行される予定

数年後終売が噂されるマクリムーア(アランのヘビーピーテッドタイプ)

created by Rinker
¥9,500 (2022/10/03 00:02:38時点 楽天市場調べ-詳細)

公式サイト)

Whisky Distillery on South of Isle of Arran | Lagg Distillery
Find out more about the Isle of Arran peated scotch whisky that we’re producing at Lagg Distillery, Isle of Arran. Want a taste? Buy a whisky cask or book a dis...

ラッグ蒸溜所  位置

アラン島の南部に位置します。(これまでの「アラン(ロックランザ)蒸溜所」は北側に位置します)

区分は「アイランズ」ウイスキーです。

ラインナップ

こちらのイノーギュラルシリーズとして、へビーピーテッドタイプがファーストリリースされます。

・バーボン樽にて3年熟成

・バーボン樽で2年半、半年間シェリー樽で熟成

・バーボン樽で2年半、半年間赤ワイン樽で熟成

※どのタイプのノンチルフィルタード、フェノール値50ppm

こちらの3タイプがリリースされる予定です。

スニフ
スニフ

2022年8月末のリリース予定ですが、各銘柄全世界1万本限定のようです。

(日本の正規輸入販売店のウィスク・イーさんですが、日本への割当本数は未定。)

現行品のアランのヘビーピーテッドタイプはこちら

マクリムーアは量り売りでの販売もあります。

ラッグ(Lagg)蒸溜所 まとめ

本記事では2019年より新たに稼働した『ラッグ蒸留所』について、簡単にまとめました。

新しいスコッチの蒸留所の中には、少量生産・高評価でプレミアの価値がついてしまっているものも多いです。(下記記事参照)

ラッグもファーストリリース品は各1万本限定と、入手難易度は高い銘柄ですが、今後の製品にも注目したいですね。

みなさまの口福な世界が広がれば幸いです。

ご一読、ありがとうございます。

補足

本サイトでは人気ウイスキーの定価での購入方法や、おすすめ銘柄などの情報も発信しています。(ウイスキーが好きな方や銘柄をお探しの方はサイト内の他記事をご覧ください)

スニフ
スニフ

SNSでは人気銘柄の入荷速報なども発信していますので、よろしければ一度ご覧ください

Twitter

https://twitter.com/Sunifu_whisky

instagram

https://www.instagram.com/sunifu_blogwhisky

コメント

タイトルとURLをコピーしました