スポンサーリンク

【2022年版】シェリー樽熟成ウイスキーおすすめ16銘柄【味わい別】

スコッチなんやかんや

ウイスキー愛好家の方には、とくにシェリーカスク系がお好きな人が多いのではないでしょうか?

ひとえにシェリー樽のウイスキーといっても、味わいの特徴は大きく3つに分かれます。

1,チョコレート・クリーム系(ミルクチョコからビターチョコレート、クレームブリュレなど)

フルーツ系(プラムやレーズン、赤いフルーツや、ドライフルーツなど)

3,特殊系(ナッツ系、硫黄臭サルファリィ、ツンとした匂い、スパイシー、渋み)

タイプによって特徴は様々で、3つの要素を複合的に合わさったものも多いですし、細かく分けるともっと複雑になります。

スニフ
スニフ

この記事では、私の長年の経験から年々希少になっているシェリーカスクのウイスキーを厳選して、タイプ別に16種類、これだという一本をご紹介します。

(最後に、そのなかでも私が現行品の中で個人的に一番好きなシェリー樽のウイスキーを1つ、ご紹介しています)

価格別に美味しいシェリーカスクをまとめた記事はこちら)

スポンサーリンク

チョコレート系 シェリーカスクウイスキー

グレンドロナック12年

これぞシェリーカスク・ウイスキーというダークチョコレート香る銘柄

熟成年数12年以上のオロロソと甘口のペドロヒメネスなど、ヨーロピアンオークのシェリー樽を使用。

上位のボトルほど濃厚でリッチな味わいです。年数が上がるほど濃く感じられますが、12年でもじゅうぶんシェリー樽を感じられます。

なかでも、最近希少になってしまったシングルカスクのヴィンテージ入りのシリーズはどれもとても素晴らしいです。

アベラワー アブーナ

バグパイプの音色を聞かせて熟成させる芳醇で角のない味わいのアベラワー。

ラインナップの中でも、アブーナは厳選したスパニッシュオークのオロロソ・シェリー樽による熟成、より濃い味わいのカスクストレングスタイプです。

オフィシャルで12年〜18年までありますが、シェリー樽を一番強く感じられるのがこちらのアブーナです。骨太なシェリーの中に、ややスパイシーさも感じられます。

個人的にはスタンダードの10年も(オーク樽とシェリー樽が混ざっていますが)、調和がとれていて柔らかく、コストパフォーマンスにも優れた好みの一本です

ヘーゼルバーン13年 シェリーウッド

スプリングバンク蒸溜所でつくられる3回蒸留タイプのヘーゼルバーン。こちらはオロロソシェリー樽原酒のみを贅沢に使用した13年熟成です。

3回蒸留からくるクリアな酒質から、よりシェリー樽本来の良さを感じられる一本。

上品なミルクチョコレート香と、とてもマイルドで角がない味わい。シェリーカスク好きは必ずと行っても良いほど、ハマる一本です。

マッカラン(オールドボトル )

18年が「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれた90年代以前のマッカラン。

現行品よりも濃くシェリー感を感じられる豊潤な味わいです。

一口飲めば悶絶する、言葉は不要おいしさです

グレンアラヒー 15年

グレンアラヒーのペドロヒメネスシェリーとオロロソシェリーのカスクのみを使用した15年熟成

9〜25年とありますが、15年のみがシェリー樽100パーセント使用。90年代には『特徴がないことが特徴』と言われたなめらかなアラヒーですが、そのおかげかシェリーカスクの良さが存分に発揮された仕上がりです。

※入手困難銘柄ですが、日々チェックしていると入荷していることがたまにあります。私のTwitterやInstagramでも入荷情報を投稿していますので、ご参考下さい。

まったり濃いシェリーを求める方におすすめです。甘くとろけるような味わいから、心地よい大人のビターな余韻がたまりません。

フルーツ系 シェリーカスクウイスキー

トーモア 14年

スペイサイドの特徴である華やかな甘さのある、知る人ぞ知る銘酒『トーモア』

ミドルレンジの14年熟成、ノンチル(低温濾過していない)の48%(うすっぺらくない味わい)

華やかなフルーツのアロマ、シェリーの甘みとふくよかに広がる熟成感、穏やかでビターな長く心地の良い余韻。シングルモルトの良さが濃縮された味わい。

この内容でこの価格は驚異的ですので、未経験の方には値上げする前にぜひ一度は飲んでいただきたい銘柄

アラン シェリーカスク

現在人気急上昇中のアランのシェリー樽熟成品。

こちらはファーストシェリー樽100%での熟成。数年前まで頻繁にリリースされていた「プライベートカスクシリーズ」も非常に美味しいですが、こちらも手軽にフルーティーなシェリーを味わえ、オススメです。

シェリーカスク以外でも、どのタイプもフルーティーで優しく、ハズレのない人気急上昇中の銘柄。

アランはどれもアルコールの尖ったところやえぐみがないので、ウイスキーに悪いイメージをもっている方や、飲み慣れていない方にはじめの一歩としてぜひ飲んでいただきたいです。

バルヴェニー15年 シングルバレルシェリー

バルヴェニーのオフィシャルのシリーズでは12年や14年のラムカスクなどがありますが、こちらはシェリーカスクの15年熟成。

15年のシェリー樽をひとつ厳選してボトリングですので、ひとつのロットにつき300本ほどしか生産されません。入荷時期ごとにカスクナンバーは異なります。

プラムやドライフルーツなどを感じられ、驚くほどフルーティな仕上がりです。香りも味も抜群に良いので、ここぞというときの一杯にいかがでしょうか。どんな気分の夜も癒やしてくれる銘柄。

(シェリーカスクではありませんが、)14年のカリビアンカスク(ラム酒の樽を使用)も甘く芳ばしく調和がとれていて、おすすめです。

グレンゴイン

全てノンピート麦芽で仕込みを行い、シェリー樽の熟成にごたわった蒸留所。

オフィシャルでは21年と25年のみ、ファーストフィルのヨーロピアンシェリー樽で熟成を行なった原酒を100%使用。

(追記  21年と25年以外にもシェリーカスク熟成のアイテムが増えてきているようです)

名前の力強さとはうらはらに、包容力のあるウイスキー。柔らかく優しい味わいを求める方におすすめです。

個人的なおすすめは高品質な銘柄が多いサンジバーからリリースされているこちら

グレンモーレンジ ラサンタ

グレンモーレンジのウッドフィニッシュシリーズのひとつ。

バーボン樽での10年熟成の後、シェリー樽(オロロソ、ピエドロヒメネス)で2年間の追加熟成

 

グレンモーレンジのウッドフィニッシュシリーズ全盛期にリリースされた銘柄。

モーレンジのあっさりとした酒質とシェリーがマッチして、とてもフルーティな仕上がりです。

アコードも飲みやすくてフルーティー・軽やかでおすすめ

グレンファークラス

グレンファークラスは、代々100%シェリー樽熟成にこだわった蒸留所。

12年〜25年、カスクストレングと様々なタイプがあります。

年数や度数びよって、あっさりフルーティタイプから、濃いチョコレートタイプまで様々。

(おすすめは15年です)

年々希少になっているシェリーカスクのなかで、他のウイスキーと比べて、どの年数のものも少し割安なのも魅力。

(2022年現在、21年ものの終売が決定しています)

超長期熟成の25年ものが2万円と、ほかと比べてお手頃に味わえるのも魅力

マッカラン(現行品)

言わずも知れたマッカラン。

12年のシェリーオークがシェリーカスクのスタンダードで、ひとむかしまえにはマッカラン18年は「シングルモルトのロールスロイス」と言われていました。

オールドボトル がもてはやされがちですが、現行品もマイルドで品があり、とても良く仕上がっています。安心して飲める、ブランド力のある銘酒。

「いつかはマッカラン」という世代の方への贈答品としても良いですね

(2022年4月より、サントリーから値上げが発表されています)

ウイスキー 一部商品の価格改定について
ウイスキー 一部商品の価格改定について。

スタンダード以外もとても素晴らしい出来のものばかりです。

上位のボトルはウイスキー好きには一度は体験していただきたい、悶絶する美味しさです

ボウモア15年 シェリーカスクフィニッシュ

バーボン樽で12年間熟成された原酒を、オロロソ・シェリー樽でさらに3年間熟成。ウッディ、ダークチョコレートを思わせる香りと伝統的なボウモアのスモーキーな香り。

ボウモアのシェリー樽は年代によって驚くほど香り・味わいが違っていて、非常におもしろいです。

現行品のシェリー樽熟成品もややスモーキーながらフルーティさもしっかりと感じられ、『アイラの女王』の名にふさわしい味わい

特殊系 シェリーカスクウイスキー

エドラダワー シグナトリー

エドラダワーは生産量の少ない蒸留所ながら、様々なタイプのボトルをリリースしています。

私のおすすめはこちらの、シグナトリー社ラベルのシェリーカスクタイプです。

クリーミーでほんの少しケミカルな、ちょっと他の蒸留所にはないエドラダワーの個性が感じられます。

イビスコシェリーなど、他のエドラダワーも様々な種類がリリースされていますが、価格と内容ではこちらがおすすめです。

今では珍しく個性のハッキリとした蒸溜所ですので、「これしかない」という味わいが感じられて個人的にはイチオシです

グレンファークラス(オールドボトル)

現行品とは違い、シェリーのなかにツンとする硫黄臭(サルファリィ)を感じられます

今となっては珍しい古き良き時代のパワフルなシェリー樽の香りをハッキリと感じられますので、見かけた際にはぜひお試しください。

キルホーマン シェリー

新進気鋭のアイラウイスキーのキルホーマンですが、若い蒸溜所ながら素晴らしいボトルを多くリリースしています。

こちらはしっかりとしたスモーキーさのなかに、甘く濃いシェリーの甘み、潮っぽさやスパイシーさが感じられます

生産量の80%はバーボン樽で熟成していますので、シェリー樽熟成の製品は希少。

シェリーカスクやポートワインの樽で熟成した製品もありますが、どれもどっしりとしたスモーキーさの中に濃い甘さを感じられて、できてそれほど長くはない蒸溜所ですが、今後もますます期待できるウイスキーです。

私のおすすめNo.1シェリーカスクウイスキー

プラムやドライフルーツ感じられる驚くほどフルーティなシェリー樽ウイスキー!!

バルヴェニー15年 シェリーカスク シングルバレル

スニフ
スニフ

一口飲めばフルーツが口いっぱいに広がり、次第に優しく上品な甘さへと変化、心地よい余韻がいつまでも残る、絶品ウイスキーです

15年も熟成していますのでアルコールの尖った部分がなく、熟成感も感じられる一本

余談ですが、普通シェリー樽の場合、「カスク」表記ですが、なぜか「シングルバレル」表記です。

(バレル=180リットルバーボン樽を指す場合が多いのですが、こちらはシェリー樽とのことで、180リットルのシェリー樽を特注しているのかもしれません。「シェリーカスク」というと、サイズの大きいシェリー樽や、使い古した樽を組み替えた「ボッグスヘッド」、一番サイズの大きい「パンチョン」などを指します。もしくは、単に表記上の問題だけかもしれませんが)。

他の樽違いのボトルも必ず飲んでみたいと思わせる一本です。

おすすめシェリーカスクウイスキーまとめ

以上、おいしいシェリーカスクのウイスキーを16種類、簡単に3つのタイプ別に分けました。

私の経験から大きく分けましたので、中には違うタイプの特徴をも複合的に兼ね備えたウイスキーもあります。

ひとえにシェリー樽といっても奥が深く、すすめばすすむほど後戻りできないほど魅力的ですね。

スニフ
スニフ

価格別に自信を持っておすすめできる銘柄もまとめましたので(2022年最新版)、興味のある方はご覧ください

世界が広がったり新たにお気に入りの銘柄を見つけるのもウイスキーの大きな楽しみですね。

みなさまの口福な世界が広がれば幸いです。

御一読、ありがとうございます。

補足

他にも高級なものからコスパ抜群のものまで、ウイスキーの銘柄をお探しの方は、下記に記事をまとめましたので、こちらもご参考になれば幸いです。

本サイトでは人気ウイスキーの定価での購入方法や注目の銘柄、終売情報なども発信しています。(サイト内他記事参照)

スニフ
スニフ

SNSでは人気銘柄の入荷速報なども発信していますので、早く情報をキャッチしたい方はのぞいてみてください

Twitter

https://mobile.twitter.com/Sunifu_whisky

Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

簡単に自宅でウイスキーの樽熟成を楽しめるわくわくアイテムもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました