スポンサーリンク

「お酒が弱くなったな」と感じるすべての人へプレゼントしたいサービス

素朴な疑問アレコレ

あれ、お酒が弱くなったな、と感じる日が増えてきていませんか?

スニフ
スニフ

私も歳を重ねるにつれ、アルコールが翌日まで残る日が多くなってきました。地獄です。

それでも飲んじゃう人にありがちな行動

・飲んだ後に水をがぶ飲み

・肝機能を高めるサプリや栄養剤を飲んでみる

・「飲みすぎないように」と手のひらに油性ペンで書いて自分を戒める

それでも飲みすぎると何をしても関係ない、地獄へまっしぐらです。

関連記事)

「待っているのは地獄とわかってはいるが」

「いや、だからこそ」

「今夜くらいは」

様々な思いが錯綜しつつも、飲まずにはいられない日がある。せわしない社会で生きる我々の悲しき宿命。

「飲まずにはいられないが、せめて健康を害さない範囲で飲みたい」

私を含め、多くの人がそう思っていることでしょう。

では、

健康を害さない範囲

とは、いったいどれほどの飲酒量なのかご存知ですか?

よく健康診断などで言われている健康ガイドラインの飲酒量は、「一般的な量」に過ぎず、体のアルコールの許容度は体質・年齢・状態によって全く異なっています。

当たり前のことですが、健康を害さない範囲は人によって違います。

「自分個人の『健康を害さない範囲』が知りたい」

そんな人のためにおすすめなのが、こちらのサービスです。

『アルコール感受性遺伝子分析キット』
自分のアルコール感受性の体質と、具体的なアドバイスがもらえるキットです!

スポンサーリンク

メリット・デメリット

メリット

・自分の現在のお酒の強さ、アルコール耐性(感受性)が客観的にわかる

・簡単な一度きりの検査、面倒な登録等が不要(サブスクではありません)

査結果に基づいた具体的なアドバイスがもらえる

・一度検査をすると一生涯の話のタネになる

・健康的に飲んでいることを家族にアピールできるかもしれない

生活の意識が自然と変わる

デメリット

・お酒が強くなるわけではない

・二日酔いにならなくなるわけではない

・知りたくない真実を知ってしまう

・お金がもったいない

今後の人生に対する大きなメリットに比べれば、デメリットはほとんどありません。

日々の意識を変えれば、今後の人生が変わります。

一度身銭を切って、遺伝子レベルでの客観的なアルコール耐性と具体的なアドバイスを確認することによって、「なんとなく」飲みすぎた、という日を意識的に減らせることが少し容易になります。

スニフ
スニフ

ダイエットや筋トレもそうですが、客観的視点で確認しないと、生活を変えるのは難しいです

前提条件=体のアルコール許容度

を知らずに

「健康を害さない飲酒生活」

を目指すのは、地図のない航海と同じです。人の意思は日々の荒波に流されてしまいます。

やりかた

検査方法はとても簡単で、

①綿棒で口の中を少しこすり、粘膜を取る

②紙に必要事項を記入して付属の封筒に入れてポストに投函する

以上の2ステップのみです。

約15営業日後(2〜3週間)には結果がわかります。

価格も5,806円(税・送料込)と、検査内容と今後の活かし方次第ではお手頃といえます。

口コミ・レビュー

実際に使った人の口コミをまとめました。

(年齢不詳 女性) 
検査法は手軽で手早く済ませてポスト投函するだけ!
2週間ほどかかると聞いていたのですが2日ほど早く届きました!
内容は何の遺伝子が何型であなたはどのタイプかこれからどういうことに気をつければ良いかなど具体的なことまで全て分かりました!
しかもそのことを記載した証明カードのようなものまでついてきてとても嬉しいです。
ちなみに検査結果はちゃんと郵便局の人がサインを求めてくるちゃんとしたやつです。
(年齢不詳 男性)
前々から自分のアルコール耐性に興味があったため購入。
自分でやることは綿棒で頬の内側をこすって送るだけだったので簡単でした。
結果が返ってくるのには1か月程度かかりました。
お酒はあまり飲めないので下戸タイプかなと思っていましたが、結果は2番目に多いR3型でした。
飲酒による健康リスクが高いそうなので、飲みすぎないように注意したいです。

簡単なので興味がある方にはぜひおすすめしたいです。
郵送から、結果到着まで約10日間でした。
遺伝子から検査して頂けるため、非常に説得力がありますし、「顔がすぐに赤くなる、動悸が早くなる」といった部分は自分でも実感していた部分で正確な分析でした。また、分析に沿ったお酒に対するアドバイスも記載されているため、お酒に対する姿勢も改めようとも思えます。
自身のアルコール分析にも良いですが、友人の誕生日プレゼントにあげるのも珍しくオリジナリティに溢れ良いと思います。
また、結果が用紙で到着するのも嬉しいです。総じて満足です。
自分を下戸だと思い込んでいたので、就職してから避けられない飲み会の免罪符になればと購入しました。
が、結果は「大酒飲みタイプ」で自分で自分にびっくりしました。
新たな自分を知れた気持ちです。
方法は、届いたキットの綿棒を口の中でゴシゴシやって封筒に入れて完了。
とても手軽でよかったです。
検査結果は、説明の紙だけでなく、結果の記載された携帯用カードがついてきました。
下戸の方はカードを持ち歩き、周囲に見せると抑止効果があるのではないかと思います。
19歳からは認めてもいいのではないかと思いました。
20歳になって勢いで飲んで急性アルコール中毒にならないように
19歳の段階でアルコールに対する適正を調べておけば自己管理がしやすいと思います。
少量飲んだだけですぐに赤くなってしまうタイプで自分はお酒が強くないと思っていました。
しかしどうしても仕事で飲むので診断してみました。
診断した結果は続けて「飲むとある程度飲めるようになる」と書いてあったので、無理のない範囲で楽しみながら飲もうと思います。またこのタイプは上部消化器癌になるリスクが高いとも書いてあったので健診も定期的に受診します。

「健康を害さない範囲で」飲酒を続けたい方へ

ここまで読んでいただき、気になった方はこちらのリンクから詳細をご覧ください。

アルコール感受性遺伝子分析キットで、健康障害リスク早めの対策!

自分の健康は自分にしか守れません。

ひとたび健康を害してしまったら、今までのような豊かな生活は送れなくなります。

一度立ち止まって、現状を把握することで、意識が変わり生活が変わり、そして人生が変わります。

みなさまの豊かで健やかな飲酒ライフの一助となれば幸いです。

御一読、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました