スポンサーリンク

【ローランドウイスキー】ロッホリー蒸溜所【簡単まとめ】

スコッチなんやかんや

【2分でわかる】スコットランドのローランドに新しく誕生した『ロッホリー蒸留所』について、簡単にまとめました。

スニフ
スニフ

ローランドですが2回蒸留、蒸留器の形から見るに、どっしりとフルボディな原酒がつくられていそうです。

スポンサーリンク

ロッホリーとは

ロッホリーポイントまとめ

・2017年設立、2018年8月よりローランドにて生産開始された新しい蒸溜所

・スコットランドの偉人ロバート・バーンズ家が所有していた農場の合った土地に設立された

・蒸溜所マネージャーにはアードベッグなど各蒸溜所で経験を持つMalcomRennie氏が就任

・年間総生産量は少量の20万リットル、ファーストリリースは24時間ですべて完売した世界が注目する蒸溜所

・今後1年間に4つの季節ごとに、異なった熟成タイプの4銘柄をリリースする予定

位置)

公式サイト)

Lochlea Distillery
A new Scotch malt whisky distillery at Lochlea in Ayrshire

ロッホリー ラインナップ

ロッホリー ファーストリリース

・2021年に1月25日の「バーンズの日」に合わせて突如7500本限定でリリースされ、24時間で完売。

・蒸溜所初の3年熟成『シングルモルト』

・バーボン樽とPX樽で熟成された原酒がブレンド

スニフ
スニフ

突如リリースされると同時に即刻完売した銘柄です。見かけたらいちど試してみたいですね。

ロッホリー アワーバーレイ

・自社栽培の大麦100%からつくられるシングルモルトウイスキー

・3種の樽原酒(ファーストフィルバーボンバレル、オロロソシェリーカスク、STRバリック)を使用

・ロッホリーのスタンダードレンジとして初めてリリースされたシングルモルト

スニフ
スニフ

洋梨シロップのアロマ、クリーミーでなめらかな麦の甘みを感じる秀逸な銘柄です。

※完売していましたが、2022年11月より入荷されました。

created by Rinker
¥7,260 (2022/12/06 09:11:43時点 楽天市場調べ-詳細)

ロッホリー まとめ

本記事ではローランドに新たに誕生したロッホリーについて簡単にまとめました。

スニフ
スニフ

生産量が少ないので安定供給は難しそうですが、日本にも随時入荷されるのを気長に待ちたいですね

今後シーズンボトルとして、“ソーイングエディション、ハーベストエディション、ファローエディション、プローイングエディション”の、異なったタイプの原酒が使われた4種類が発売される予定です。

(日本でもリリースされたら本記事を随時更新します)

2010年以降にできた新しい銘柄について、知りたい方は下記カテゴリーの記事もご参考ください。

ニューワールド・ウイスキー
「ニューワールド・ウイスキー」の記事一覧です。

気になる銘柄がある方は酒屋さんやBARなどでも探してみてはいかがでしょうか。

(大手ショッピングサイトから見つからない場合は、こちらの記事もご参考ください)。

補足

本サイトでは人気ウイスキーの定価での購入方法や、プロのバーテンダーおすすめ銘柄などの情報も発信しています。(ウイスキーが好きな方や銘柄をお探しの方はサイト内の他記事をご覧ください)

スニフ
スニフ

SNSではウイスキーの小ネタやバーテンダー注目銘柄の入荷速報なども発信していますので、よろしければ一度ご覧ください

Twitter

instagram

https://www.instagram.com/sunifu_blogwhisky

みなさまの口福な世界が広がれば幸いです。

ご一読、ありがとうございます。

 

口福な世界広がるシェリーカスク・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事1位

口福な世界広がるフルーティー・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事2位

私がジャパニーズウイスキーを定価で購入している方法

ウイスキー愛好家に人気の記事3位

コメント

タイトルとURLをコピーしました