スポンサーリンク

【最小規模のシングルモルト】ストラスアーン蒸溜所【新しいウイスキー簡単まとめ】

新しい蒸溜所

【2分でわかる『ストラスアーン』】

スニフ
スニフ

プロのバーテンダーも注目する少量生産・マニアックな銘柄です。

スポンサーリンク

ストラスアーンとは

ストラスアーン ポイントまとめ

2013年に操業を開始したスコットランドで最小規模の蒸溜所。

ハイランド・パースシャーのメスヴェン村に位置し、かつての農場の建物を利用して生産している。

・小さなアランビック型の蒸留器から生産。基本の樽も50リットルと小さいものを使用し、ウイスキーだけでなくジンやラムも生産している。

・2019年10月、独立系ボトラーであるダグラス・レイン社が買収。

・創業からクラフトジンとニューメイクスピリッツをリリースしていたが、2019年に待望のシングルモルトがファーストリリース。

蒸留器)アランビック型の小さな蒸留器

位置)ハイランド

公式サイト)

Strathearn Distillery

ストラスアーン ラインナップ

ストラスアーン ファーストリリース(バッチ001)

・オフィシャル・ファーストリリース品

・小サイズ(100L)バージンヨーロピアンオーク樽&極小(50L)ファーストフィルオロロソシェリー樽

・熟成年数:3~5年、ボトリング年:2019年、総本数:2600本

・香り:ドライなオークの香りが、ほのかなバニラをまとったキャラメルと程好くバランスをとる。

・味わい:シェリー香がレザー感のある甘さや、レッドフルーツ、ココアと一緒に感じられる。

・フィニッシュ:バタースコッチの風味が、蜂蜜がけの大麦やオーツビスケットと一緒に長く続く。

スニフ
スニフ

最高級の小さな樽で熟成させることで、樽の影響がより濃く引き出されており、濃い甘みとコク、シェリーカスクのおいしさがたっぷりと感じられます。

短期熟製品とは思えないほど完成度の高い銘柄です。

ストラスアーン ニューメイク

・2019年にダグラスレイン社がオーナーとなってからは初のリリースとなるニューメイク(熟成していないウイスキー)。

・このニューメイクスピリッツは、いずれハイランドシングルモルトスコッチウイスキーとなる原酒のものであり、蒸留工程における中間カットにちなんで「ザ・ハート」と命名。

<テイスティングノート>
ミネラルのニュアンスの香りがまず開き、ほのかにハチミツの香るクリーミーなポリッジ(ミルク粥)へと広がりを見せる。
口に含むと先述のクリーミーさがさらに増し、バターや、優しいウォーミングスパイスも感じられ、 次第に柑橘の皮や大麦麦芽の余韻が長く残るフィニッシュへと続く。

スニフ
スニフ

ストラスアーンのポテンシャルを感じ未来への期待を感じられるボトルです。ソーダで割ると柑橘のニュアンスやクリーミーな甘みが引き立ちます。

『ストラスアーン』まとめ

ハイランドに新たに誕生したストラスアーンについて簡単にまとめました。

スニフ
スニフ

小さな蒸留器と小さな樽で熟成された、これぞ本物の「クラフトウイスキー」です。

少量生産でまだまだ安定供給が難しいですが、日本市場では認知されていませんので、ブームが加熱して供給不足になる前にぜひ一度お楽しみください。

(リンク先から見つからない銘柄があれば、こちらの記事もご参考ください)。

補足

本サイトでは人気ウイスキーの定価での購入方法や、プロのバーテンダーがおすすめする銘柄などの情報も発信しています。

(ウイスキーが好きな方や新たな銘柄をお探しの方は、下記から気になる記事をご覧ください)

スニフ
スニフ

SNSではウイスキーの小ネタやバーテンダー注目銘柄の入荷速報なども発信していますので、よろしければ一度ご覧ください。

Twitter

@Sunifu_whisky

instagram

https://www.instagram.com/sunifu_blogwhisky

みなさまの口福な世界が広がれば幸いです。

ご一読、ありがとうございます。

口福な世界広がるシェリーカスク・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事1位

口福な世界広がるフルーティー・ウイスキー

ウイスキー愛好家に人気の記事2位

私がジャパニーズウイスキーを定価で購入している方法

ウイスキー愛好家に人気の記事3位

コメント

タイトルとURLをコピーしました